【TOEICスコア】平凡技術者が4か月で200点UP【実話】

TOEIC

【TOEICスコア】平凡技術者が4か月で200点UP【実話】""

TOEICテストを受験する予定の技術者「TOEICテストを受けないとだけど、、。勉強する意味がわからないし、スコアアップになんのメリットがあるんだ? 別に特別こまっているわけでもないしな、英語とか苦手だから理系をえらんだのにいまさらなんでまた英語、、、」

今回の記事は、上記のような悩みをおもちの技術者のかたにむけてTOEICスコアのあげ方の紹介とあわせて書きすすめていきます。

本記事の内容

  • TOEIC技術者(平凡)のスコアアップの実績
  • TOEIC技術者がスコアアップする【メリット】
  • TOEIC技術者向けスコアアップの作戦

TOEIC技術者(平凡)のスコアアップの実績

【TOEICスコア】平凡技術者が4か月で200点UP【実話】"toeic-engineer-score-57279"
技術者がTOEICのスコアアップをしていった道のりと実績をお話です。

TOEIC技術者のスコアアップへ奮起のきっかけ

同僚から英語ができないことを小馬鹿にされたように感じたことをきっかけに、2年でTOEIC300点アップ、5年で年収300万円アップを達成しました。商品開発の職場で、「時間がない」「お金がない」「心の余裕がない」生活のなかでもこのやり方で周囲の協力を得て実現できました。

この当時、僕は電機メーカーサラリーマンです。理系大学の機械工学部を卒業し、機械エンジニアとして商品開発の部署で仕事をしていました。

TOEIC技術者のスコアアップの推移

平凡技術者のスコア推移

  • TOEIC L&R SCOREを390点→575点(185点Up)

私が受験したTOEIC L&R 2011/10/30の結果

  • Listening:230点
  • Reading:160点
  • TOTAL SCORE:390点

再度受験したTOEIC L&R【2012/3/18の結果】

  • Listening:360点
  • Reading:215点
  • TOTAL SCORE:575点

年明け早々に受験したTOEIC L&R IPテスト【2012/1/17の結果】

  • Listening:325点
  • Reading:260点
  • TOTAL SCORE:585点

TOEIC技術者の過去と現在

英語は理系大学の入試時以来、ほとんど触れておらず、それでも約3か月で管理職昇格基準である550点を超え、その後も800点近いスコアまで伸ばせました。

また、転職サイトのTOEIC得点欄に得点Up後のスコア
を記載したところ、1か月に数件程度だった転職オファー件数は数10件レベルまで一気に増えました。

なぜ、英語に触れる機会がなく、毎日残業続きのブラック企業技術者の私でも、いきなりここまでの実績を作り上げることができたのか?

  • 海外出張の頻度がおおかった
  • 短期間の駐在経験を得た
  • 同僚に外国人、英語の得意な人がいた

全て違います。

そこには、明確な考え方と方法があったからなんです。

考え方は、TOEICに限らず、多くのビジネス・研究・開発業務に活用できる考え方です。

会社の職場では「効率化」を求められますが、ビジネスの現場を題材にあつかっているTOEICでもその考え方や取り組みをあてはめられます。

本ブログでは爆速で実績を出すために用いた方法を全て公開してます。

TOEIC技術者がスコアアップする【メリット】

【TOEICスコア】平凡技術者が4か月で200点UP【実話】"toeic-engineer-score-13966"
技術者がTOEICのスコアアップをすることで、いくつかのメリットがありますが代表的なものを紹介します。

TOEIC技術者のスコアアップ効果

ここであなたが投資した金額は、”自分は英語ができる”という自信と、周囲の人からの”英語でできる人” ”優秀な人”という好意的な評価としてあなたのもとに戻ってくるでしょう。

TOEIC技術者のスコア影響【未来】

この評価は、中長期的には”社内外への転籍・異動・転職時のステータス”や”昇進・昇格の際の差別化”につながり、業務裁量や自由な時間を得る機会を得られるでしょう。

TOEIC技術者のスコアアップへの投資

当然、金銭的・時間的な投資は発生します。その投資を安いと思うか、高いと思うかは、あなた次第ですが、価値と価格の正しい関係が分かっていれば自明のことでしょう。

TOEIC技術者向けスコア
アップの作戦

【TOEICスコア】平凡技術者が4か月で200点UP【実話】"toeic-engineer-score-21521"
TOEICのスコアをアップさせたい技術者に言いたいことは、TOEIC公式問題集を戦略的に活用しろ!

なのですが、そういわれてもなかなか気持ちが追いつかないし、理由がわからないものにとりくめませんよね。ここから、順をおって説明します。

TOEICで技術者よるスコアアップにむけて

問題集や参考書を購入する際、「どんな人が書いた本がいいかな」「自分の現状や目標スコアに即したものじゃないとよくないよな」と頭を悩ませようとしたあなた。

どれがいいかと考える必要はありません。その時間はムダです。

最新のTOEIC本に詳しく、セミナーに頻繁に参加しTOEICで高得点を取得し続けている人を多く見かけますが、彼らのほとんどが過去に英語を集中的に学習した経験や実績・ノウハウを持っていたり、本業を効率的にこなし時間を捻出するだけのコミュニケーション能力がある人ばかり。

みなさんは、英語が苦手だけれど、対人コミュニケーションに自信はないけれど、自分の技術力で世の中をあっと驚かせたい、喜ばせたい、目立たなくても・多少不器用でも誇りを持って周囲の役に立ちたいと思っていませんか?

そのような考えの方がどんなに頭を悩ませたところで、そもそも英語が得意で、対人コミュニケーションに自信のある彼らと同じ方法があうはずがありません。頭を悩ませた労力と時間は無駄に終わります。

TOEICで技術者がスコアをあげるには

では、どうすればいいのか?

「TOEIC公式問題集を戦略的・徹底的に活用」

してください。

ビジネスの世界に限らず、アスリートやアーティストにも言える非常に重要な戦略です。アスリートの世界でトップクラスの選手は過去の環境や、対戦実績、相手の癖の研究には余念がありません。その中から導き出した想定される課題をあらかじめクリアにして、解決策を本番前に自分の身体へ徹底的に染み込ませます。音楽や作品も大量のリハーサルの果てに「本番」の音声や映像が生み出されているのです。

あの、ニュートンでさえ、

自分の業績は、過去の知識の積み重ねという”巨人の肩”に乗っている

と述べています。

膨大な分析や模倣の結果、世の中にはなかった新たな組み合わせ(=オリジナル)を生み出すことが可能となります。

実際に、私が紹介している考え方やも様々なコンテンツを分析した上で作られた内容ですが、ベースに流れているのは”TOEICは慣れ”という考え方です。

では、どうやって慣れるのか?慣れのポイントは、大きく2つです。

  • 問題の「型」に慣れる
  • 問題の「内容」に慣れる

「型」(文章の流れ・形式)は、慣れる対象の公式問題集と実際の試験問題はほぼ同じです。穴の開いた部分(=慣れる対象の公式問題集の内容に関する部分)に自分の知識・経験を当てはめて問題を解けば、試験当日に得点を得られます。

ただ、慣れる対象である公式問題集の英文を理解できないと、いくら型や内容に慣れようとしても興味がわかないケースがあります。

そんな時は、公式問題集の別冊『解答・解説』の日本語文を読み、設問で何を問われているのか、どのような選択肢があるのか、正解が正解である理由、誤答が誤答である理由を理解します。

日本語文を読むだけでも、自分のなかに「型」と「内容」の慣れが生じているはずです。

TOEICのスコアを技術者が活用するには

また、このTOEICのスコアを技術者があげていく手法を用いて目標のTOEICスコアを獲得できれば、過去問が開示されている試験に対しては同じ手法が使えます。なぜなら、世の中には数多くの試験が存在しますが、慣れの活用方法を知っていれば、「型」と「内容」が異なっているだけと捉えられるからです。

そのため、TOEICにてこの方法を実践して結果を出すことで、そのほかの試験やビジネス、その他の物事への取り組みの姿勢に変化が生じます。

TOEIC無料相談チャット

   

人気記事【転職TOEIC】勉強法で人生のすべてが決まる【2倍速テクニック】

人気記事【初心者向け】TOEIC勉強法のおすすめ【3ヶ月で点数アップ】