「健康のためにしていること」英語の勉強をする【サラリーマン】

HELTH

こんにちは、モリです

最近あたらしいことに挑戦しているものの、なかなか続きません。。。

先日、僕は下記のようなツイートをしました。

健康のためにしていること【サラリーマン】

・瞑想する
・鼻うがい
・水を飲む
・裸で寝る
・早寝早起き
・我慢しない
・食べ過ぎない
・ウォーキング
・好きなものを食べる

習慣になっているものも、これからしたいものもあるけれど50年続けたら世界一健康な爺ちゃんになれるな。

「健康のためにしていること」を生活習慣に

health-english-001

健康のためにしていることを生活習慣にしていこうとおもって、最近朝のスケジュールの中に組み込んでいこうとしています。

私の1日スケジュール:朝【サラリーマン】
・アラーム:3時
・起床:4時
・出発:5時
・朝活:5時
・電車:5時半
・ウォーキング:6時

ここからは、健康のためにしていることのなかでおすすめの内容とその理由を説明します。

朝に「健康のためにしていること」【おすすめ】

健康のためにしていることで、おすすめなのが”早起き”すること。

  • 朝日を浴びられる
  • やりたいことをする時間確保
  • 朝早く起きること自体身体によい

そもそも、健康のために何かをしようとしたら「時間がない」ということに気づきました。 

いままでやっていることにプラスアルファしようとおもったら時間をつくらないとならない。

1時間早起きしたら1時間、2時間早起きしたら2時間の時間を生み出せます。

健康のためにしていることのメリット1

健康のためにしていることのなかで、実際に取り組んでみて気づいたことがありました。

会話のネタになる

健康のためにしていることが1つでもあると、会話のネタになります。

人の話を聞くのが円滑なコミュニケーションのコツと聞きますが、できることなら話をしたい、聞いてもらいたい

人から借りてきた言葉には重みがないといわれますが、実体験又は実思考がともなっているのでスラスラはなせます。

会話の相手にきかれそうなこと

継続できていても、できていなくても、以下のような問いにはスムーズにこたえられますよね。なぜなら、自分で体験したことだから。

  • 効果があったのか?
  • 効果がなかったのか?
  • なぜはじめたの?
  • 誰からきいたの?

営業の方のように、話の引き出しが沢山あるわけではない場合は健康ネタを仕込んでみてはいかがでしょうか。

健康のためにしていることのメリット2

自分の健康のためにしていることが、人の役に立つこともあります。

過去に自分が健康のことで悩んでいたときに取り組んでみたことを人に話をしてみたところ、非常によろこんでもらえるという経験をしました。

イライラするときの対処法

同じ考えが頭に浮かんで、気になって困るときには

  • 紙に書き出してみる
  • 自分で読めないぐらい走り書きでOK
  • 書き出したものは捨てるか目につかないところへ

一回気持ちをすっきりさせる。

女性の方からで、”おしゃべりを楽しんだあとは、スッキリする”という話を聞いたことがあるます。

一方で、男性の場合、なかなか自分から弱みをさらけ出したり、悪い言葉を吐いたりということを我慢したくなるかと思います。その気持ち、よくわかります。

良かれと思ってアドバイスや経験を伝えたことが役にたったり、立たなかったりはマチマチですが、少しでもよろこんでもらえると嬉しいですよね。

健康のためにしていることのメリット3

健康のためにしていることで、朝起きることの習慣さえつけば、TOEICや英会話の勉強の時間としてつかうこともできるようになります。

早朝出勤と早朝勉強のすすめ

朝早くに、職場にいってみると静かで落ち着いているので勉強しやすいです。

  • 邪魔されない
  • 机を広々と使える
  • 静かでおちつける

会議室があいていたらひとりでこもってみてもいいですね。

私が、短期間TOEICのスコアアップをしたときには、早朝の会社の会議室を占有して勉強時間にしてました。

健康のためにしていることが続かない

health-english-002

健康のためにしていることが続かないのは軽く落ち込みますよね。続かないのは、健康のためにしていることに限らないのですが、それにしても続かない。 

デメリットはないことはわかっていて、メリットしかないものですらこんな調子ですから、よっぽどの怠けもなのでしょうかね。

でも、それでもいいと思っています。続かないことがストレスになって不健康になったら本末転倒ですから。

”中途半端は
なにもしない
なにもできない
よりぜんぜんいい”
by 植松努さん

健康のためにしていることは続かなくて当たり前

健康のためにしていることが続かないこと前提で、まずはすすめていくのがいいのではないかとすら思い始めてます。

欲張りすぎている事例

私は欲深い人間なので、なんでもかんでも詰込んで、できてもいないことをやろうとする癖があるのですが、こんなかんじ。

  • 瞑想
  • 読書
  • お給仕
  • 筋トレ
  • 鼻うがい
  • エア縄跳び
  • レモン水飲み
  • 温冷シャワー
  • ウォーキング
  • ベランダ手すり拭き

今はまだ、こぼれ落ちているけれど年末にはAM6:30に全て終了していることを目指してます。

どれも、やるときめて、自分で宣言して実行してできていないもののひとつ。とらえようによっては、これからできるようになっていくもの。

事例①:健康のためにしていること【瞑想】

health-english-003

健康のためにしていることで、継続できていることの1つに瞑想がある。

人間の1日の判断回数は7000回

人間は何も考えていないようでも、1日あたり7000回の判断を繰り返しているという話をきいた。ぐるぐる似たようなことを考えていて気持ちが落ち着かないため、朝夕の瞑想を習慣づけようとしてます。

脳と心の関係

脳と心はほぼイコールのようなものですから。脳のスッキリ=心のスッキリ=心の健康ではないかと思ってます。

心の健康のためには脳の健康、つまりは余計な考えが浮かばないようにコントロールしたいです。

3年ほどつづけてますが、はじめた当初よりはネガティブな発想が減ってきましたね。TOEICの試験前に、ケンカをしたり、気になることがあった際にはベストスコアから100点程下がった記憶があります。

事例②:健康のためにしていること【読書】

health-english-004
健康のためにしていることで、一見健康と結びつきそうにないものとして読書をしてます。正確には、声に出して、音読をするようにしています。

目覚めの音読

眠い状態で無理やりでも音読をすると、同時に3つの器官を刺激できます

  • 眼を使って読む
  • 口を使って声をだす
  • 耳を使って聞く

健康につながるメカニズムはよくわかってませんが、なんとなくよさそう。英単語の音読や英文暗誦を同時に行えば、一粒で三度美味しい健康法

  • 英語の勉強
  • 朝の目覚め
  • 健康な身体

事例③:健康のためにしていること【お給仕】

health-english-005
健康のためにしていることで、もっとも結びつかなさそうなのがお給仕。お供えです。

いのちの源である水

自宅には、仏壇と神棚があるので水のお供えを習慣にしてます。

本当は、生かされていることへの感謝を捧げる気持ちで、いのちの源である水をお供えすべきなのでが、朝起きてすぐ水を飲むといいと聞いて神様・仏様より先に人間の私が水飲んでます。

自分 > 神様・仏様

あっ!前日の夜、お供えの水を下げるの忘れてた。。。ということもあるので、いよいよ天罰がくだりそうです。

神様・仏様 > 自分

徐々にでも上記の関係になるように、改善にすれば身体と心の健康を同時に実現できると信じています。

TOEIC無料相談チャット

   

人気記事【転職TOEIC】勉強法で人生のすべてが決まる【2倍速テクニック】

人気記事【初心者向け】TOEIC勉強法のおすすめ【3ヶ月で点数アップ】